2018 Capella Ubud

カペラ ウブド
e0362195_22340236.jpg


3月に続いて今年2度目のウブド
今回はさらにウブドから北へ20分のケリキへ
e0362195_22571831.jpg


ドライバー(Camp Navigators)の制服もキャンプスタイル!
e0362195_22290796.jpg


往復の送迎は無料。アマンリゾートと同じ。
しかし、こちらはアマンとは違ってゴージャス仕様!
予め2本のミネラルウォーターとティッシュがセットされており、さらにビンタンの他ソフトドリンクやスムージーまで。
そのほか、上段中央のポケットの中にはWi-Fiパスワードと手鏡。
左右のポケットにはオリジナルのローションなど。
e0362195_22300242.jpg
ドライバーは以前アミラスミニャックにもいたマリユーさん
道中長いので、トイレはもちろんのこと、レストランやカフェ、買い物等いつでも寄るので・・・
いろいろ気遣いしてくれた。


コンソール上にはバナナやみかんの他、2つの紙袋。
袋の中はクッキーやオニオンブレッドなどが入っていたので、お腹が空いても大丈夫でした。
e0362195_22304307.jpg


スマホ用の充電ケーブル
e0362195_22311415.jpg


このリゾートが素晴らしいのは後述するが、
出発前から“パーソナルアシスタントサービス”の再三の連絡(メール・電話)をいただき、こちらの要望もバッチリ!
そして、リゾート内においての完璧なパーソナルなサービスは、20年前に初めて利用して感動したアマンのようw
e0362195_22314908.jpg






通りに面した建物もホテル所有のものだそうです
e0362195_22402462.jpg


屋根や壁にたくさのお猿さん!
e0362195_12570505.jpg


e0362195_22400558.jpg


細い道を進んで行くと
e0362195_22382202.jpg



e0362195_22392802.jpg



「THE STATION」と呼ばれる車寄せのエントランス
e0362195_22425354.jpg


スタッフは約120人
ゲストはアメリカ、中国あたりからが一番多いらしい。
中国はすでにカペラあるからね。
日本にはまだセールス来てないから仕方ない。
オープン後の日本人ゲストはまだハネムーンの1組だけだそうです。
e0362195_22435598.jpg


立地はウォス川に囲まれた場所。今年7月開業。
まだソフトオープンの時期で、全23室のうち、16室が出来上がっていました。
e0362195_22445039.jpg




屋根裏のバリのペインティングに見惚れていたら
e0362195_22453165.jpg


中は
鹿のディスプレイ
なぜか不気味な感じww
e0362195_22463038.jpg


しかし、これらはコンセプトに基づくもの。
e0362195_22473692.jpg


1800年代のヨーロッパからの初期の入植者の精神を受け継ぎつつ、
自然への侵食を最小限に抑えた”ミニマルインタベーション”をテーマに建てられたプライベートプランジプール付きのリトリートと呼ばれるテントスタイルのリゾート。
開発時、1本の木も伐採されなかったとか。
アーキテクトはあのビルさんw
この方、テントスタイルが好きなのか、FSテンテッドをはじめ最近オープンしたルアンパバーンのローズウッドでも取り入れている。また近くShinta Mani Wildもテントスタイルでオープン予定。
そして、お得意のごちゃごちゃ感が半端ないw
あとで色々気付くが、所々プーケットのスレートにも似てたから笑ってしまった。
e0362195_22482302.jpg


ちょっと乗させてもらった。
e0362195_22485740.jpg


e0362195_22493406.jpg


エントランスから真下に見えるのがレセプション
e0362195_22504846.jpg


このエントランスはステーションのコンセプトらしい。
e0362195_22512983.jpg


レセプションは「CAMP'S POST」と呼ぶ
e0362195_22520026.jpg


天井もバリの伝統的なバティック風のペインティング
e0362195_22525272.jpg


チェックイン時、他のウブドで好きなリゾートの話になって、タナガジャ、ヴァイスロイ、ダリなどのパーソナルなサービスを対応できるとこかな、なんて話してたら、彼女は以前はそのタナガジャだったらしく、スマホに保存していた画像を見せてあれやこれやと盛り上がり・・・
e0362195_22533903.jpg


ウェルカムドリンク
赤い柱?は・・
e0362195_22541924.jpg


ここから投函可能なポストでした。
e0362195_22545120.jpg


さらに、キャンプスタイルに合わせた
無料でいただける「キャンプバッグ duffel bag」
中には地図やポンチョ、虫除けスプレーなど色々入ってました。
e0362195_22552704.jpg


レセプションの裏手をのぞくと
e0362195_22584290.jpg


まるでジブリに出てくるような奇妙なロボットのような形
これ、テントで出来たトイレw
同じトイレがリゾート内にいくつか点在しています。
このリゾート全ての建物はテントスタイル
e0362195_22591390.jpg

オープン直後と言うこともあり、とりあえずお試し感覚でサクッと滞在してみましたが、
結論から言うとても満足できたリゾートでした。
個人的には今のところウブドで一番。もちろんバリでも一番です。
e0362195_23022086.jpg
つづく


Commented by HK at 2018-11-24 23:29 x
はじめまして。
美しい写真と的確なコメントが豊富で更新を楽しみにしています。
無料の送迎車でここまでアメニティが豊富なのは嬉しいですね。
今年の年末年始は、マンダパ リッツカールトン リザーブとフォーシーズンズリゾート ジンバランベイに一人で一泊ずつ宿泊予定で、有料の送迎車もそれぞれ頼んでいますが、はたしてここまで充実しているでしょうか。
Commented by 97-55 at 2018-11-26 11:44
> HKさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

おっしゃるように、カペラの送迎車内の充実ぶりには驚きました。

>マンダパ リッツカールトン リザーブとフォーシーズンズリゾート ジンバランベイに一人で一泊ずつ宿泊予定で、有料の送迎車もそれぞれ頼んでいますが、はたしてここまで充実しているでしょうか。

年末年始にマンダパとFSジンバンランですか!良いですね、羨ましい。

ご質問の件ですが、
今年の3月にマンダパとFSジンバンランに滞在しました。ただ、どちらも空港ーリゾートではなく、ホテルーホテルの移動時に利用しました。なので、車種に違いがあるかもしれません?

マンダパはウブド内のホテルの移動で利用したせいか、外部委託の小さめの車で、おしぼりとディレクトリーのみだったように思います。空港間の利用ならもっと良い車種じゃないかと思います。
またFSサヤンからFSジンバンランへホテルカーで移動しましたが、こちらはWi-Fiの他、ミネラルウォーターやキャンディー、おしぼり、ホテルディレクトリーがあったと記憶してます。

お気をつけて、良い旅を。
Commented by HK at 2018-11-26 23:13 x
詳しくありがとうございます。
経験豊富な方のコメントは、とても参考になります。

実は初めてのバリ島なので、バリの送迎車は他の地と違ってすごいのかと思いましたが、カペラだけが特別のようですね。

また、すでにご宿泊済みだったとは驚きです。
今回は初めてなので、山と海を一泊ずつ選びました。
by 97-55 | 2018-11-15 21:13 | Capella Ubud | Comments(3)

A life-changing Hotel !! 旅先で利用したホテルのフォトアルバム


by くろ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31